【スプラトゥーン2】『インク効率アップ(メイン)』は必要? 相性の良いブキ・ギアを解説!

通常ギアパワーの『インク効率アップ(メイン)』。略して、メイン効率。

メイン射撃のインク効率をアップさせるため、大事な場面でインクが切れるといった事態を防ぎやすくなり、長く撃ち合いすることができるようになるギア。

初心者は敵にエイムを定めるのが苦手なのでメイン効率を積んでいる方は多いと思います。インク効率系のギアは使用率が高い傾向にあると思われます。

しかし、私は大半のブキにはメイン効率は不要だと考えています。事実、X帯や上位勢ともなるとインク効率系のギアを積んでいるプレイヤーは少ないです。

今回は大半のブキにメイン効率が不要である理由と、相性の良いブキ・ギアを解説します!

スポンサーリンク

『インク効率アップ(メイン)』のギア効果

メインウェポンの消費インク量が少なくなります。

付きやすいブランド:ジモン

付きにくいブランド:バトロイカ

メインウェポンでの消費インク量が少なくなることで、継戦能力が上がるギア。

プライムシューター、ノヴァブラスター、H3リールガン、リッター、ダイナモローラー、キャンピングシェルター、ハイドラントに関しては軽減率が高く、最大で50%軽減することができます。

そのほかのブキだと最大で45%の軽減になります。

マニューバー系統のスライドも、メイン効率を積むことでインク消費を軽減することができます。

ブキによってメインウェポンのインク消費量は大きく異なるため、基本的にインク消費量が大きくインクが枯渇しやすいブキに欲しいギアだと言えます。

『インク効率アップ(メイン)』は必要か?

どんなブキにもインク効率系のギアを積んでいる、という人も少なくないのではないでしょうか?

試合中にインクが切れて敵を倒せなかった、という場面を経験すると、どうしてもインク効率アップのギアが欲しくなりますよね。

また、サブウェポンを多用する人もインクが枯渇しやすいため、インク効率ギアでカバーしている人がいると思います。

しかし、インク効率アップはインク消費が重たいブキでなければ不要だと私は考えています。

インク効率アップ系のギアがなければインクが枯渇してしまうという人は、立ち回りを見直してみましょう。ブキのインク消費量を感覚で覚えて、むやみやたらとインクを消費しないことが重要です。

本作はイカ潜伏で移動中にインクが回復していくため、よっぽど潜伏を挟まずに射撃し続けるといったことをしなければ、そうそうインクが枯渇することはありません。

そもそも射撃し続けているということは姿を晒し続けていることになりますから、敵に居場所を明かしているようなものなのです。

敵を倒すのに必要なインク消費量は非常に少ないので、枯渇するほど射撃しているということは、それほど長い時間隙を晒していることになり、敵にやられやすくなります。

対面中、すぐに倒せないならイカ潜伏を挟んで敵の横に回って撃つなど、その場に留まって射撃し続けないことが対面では大事になります。そういった立ち回りをしていればそうそう対面中にインクが切れることもないでしょう。

基本的にはどのブキにもインク効率系のギアはそれほど必要ありません。しかし、ブキによってはインク効率系のギアを付けることで取れる選択肢が増えます。

インク効率系のギアを付けるからには、インクを大きく消費する立ち回りをするブキでなければギア枠を損してしまいます。インク効率を積んでいなくても枯渇しないくらいしか消費しないのであれば付けている意味がないですからね。

まずはインク効率系のギアがない状態で、インクが枯渇することがない立ち回りができるように練習することをおすすめします。その上で、「インク効率があったらこんなこともできる」と思うところがあれば採用してみましょう。

『インク効率アップ(メイン)』と相性の良いブキ

インク効率アップ(メイン)と相性が良いブキは、メインウェポンのインク消費が大きいブキで、かつ継続してインクを消費する機会が多いブキです。

たとえばケルビンやチャージャーはインク消費がでかいですが、敵を倒すために必要な確定数が少なく連射も遅いため、継続してインクが必要なブキではありません。

どちらも塗りが弱く牽制で撃ち合いしていても塗り状況が不利になるため、メイン効率を積んで長く撃ち合いできるようにするメリットはないと言えるでしょう。

こういった一発一発は重いけれども長く撃ち合わないブキには、メイン効率は必要ないです。

デュアルスイーパーはメイン効率を是非とも付けたいブキ。インク消費が重めで射程が長くキル速が遅い。また塗りが強いため、牽制で撃ち合うのに向いています。更にスライドでもインクを消費するため、とにかくメイン射撃を続ける機会が多いです。

パラシェルターやキャンピングシェルターは、傘の展開とパージで大きくインクを必要とします。これらは傘の展開でヘイトを稼ぎ撃ち合いを長引かせる立ち回りが強いため、メイン効率が必須レベルで欲しいところ。

他には一発で広範囲を塗れるダイナモローラー、エクスプロッシャーなども、遠くからエリア塗りできるため相性は良いでしょう。

『インク効率アップ(メイン)』と相性の良いギア

インク効率アップ(メイン)と相性の良いギアは、『インク効率アップ(サブ)』『インク回復力アップ』。

どちらもインク効率系のギアとなります。メイン効率ばかり積んでも効果の伸びが悪くなっていくため、サブ効率やインク回復を併用して積んだ方が、効果の効率が良いです。

サブウェポンを使うことが多いのであれば、メイン効率とサブ効率を半々で積むなど、インク効率を無駄にしないようにバランス良く積んでいきましょう。

まとめ

インク効率アップ(メイン)は、インク消費が大きく塗りが強いブキに付けると効果的です!

まずはインク効率系のギアを付けずに立ち回れるようになりましょう。慣れればほとんどのブキにあまり必要なく、他のギアにギア枠を割いた方が強いと思いますよ。