【スプラトゥーン2】『インク効率アップ(サブ) 』と相性の良いブキ・ギアを解説!

通常ギアパワーの『インク効率アップ(サブ)』。略して、サブ効率。

サブウェポンの消費インクを軽減するギアで、メイン効率と共に初心者に使われやすいギアパワーだと思います。

サブウェポンはインク消費量が大きいため、サブウェポンを使った後にメインウェポンで敵と戦おうとすると、対面中にインクが切れやすいです。そのリスクを抑えるギアがサブ効率となります。

メイン効率同様、付けすぎはギア枠が勿体ないので、できればサブ効率なしでインクが切れない立ち回りを身につけることから始めた方が良いでしょう。

ブキによってはサブ効率を付けると立ち回りの選択肢が増えます。今回はサブ効率と相性の良いブキ・ギアを解説します!

スポンサーリンク

『インク効率アップ(サブ)』のギア効果

サブウェポンの消費インク量が少なくなります。

付きやすいブランド:ホッコリー

付きにくいブランド:フォーリマ

サブウェポンの消費インク量が減ることで、サブを使った後にインクが切れにくくなります。

また一部のサブは、サブ効率を多く積むことで二連投できるようになります。(ポイントセンサー、クイックボムは三連投できる)

連投にはギア枠をかなり割かないといけないため、サブウェポン連投を主戦術とするなど、それだけギア枠を割く意味がある場合のみにした方が良いでしょう。

『インク効率アップ(サブ)』と相性の良いブキ

インク効率アップ(サブ)と相性の良いブキは、以下のサブウェポンを持つブキ。

スプラッシュボム、キューバンボム、トーピード、タンサンボムの四つ。

これらのサブはインク消費量が大きく、かつメインと合わせて使用することが効果的なため、メインで追撃できるようにインク効率を積んでおくと戦いやすいです。

基本的に連投するほど積む必要はなく、1.3積みでもやや過剰気味なくらいだと思います。実戦で試して欲しいギア数を調整しましょう。

わかばシューターはメインの燃費が極めて良い上に、インクタンクも通常のブキより10%分多いため、サブ効率を積んでボム2連投できるようにすると立ち回りの幅が増えて強いです。

わかばシューターならボムを2連投した上で更にメインで追撃ということも可能。

クイックボムはサブ効率の乗りが悪く3連投するには相当なギア枠を必要とするため、それよりもサブ性能アップを積んだ方が強いでしょう。

関連記事:【スプラトゥーン2】『サブ性能アップ』の効果を解説!サブウェポン毎に評価しました

『インク効率アップ(サブ)』と相性の良いギア

インク効率アップ(サブ)と相性の良いギアは、『インク効率アップ(メイン)』と『インク回復力アップ』。

一つのギアを積み過ぎると効果の伸びが落ちていくので、メイン効率やインク回復と併用すると効率が良くなります。

メインとサブどちらもインク燃費が悪いブキであれば、両方を採用すると良いでしょう。

たとえばロングブラスターはメイン効率とサブ効率を0.1ずつ積むと、キューバンボムを投げた後に撃てるメインの数が一発増えます。(どちらかのみを0.2積んだ場合は増えません)

まとめ

インク効率アップ(サブ)は、スプラッシュボム、キューバンボム、トーピード、タンサンボムがサブウェポンのブキと相性が良くておすすめです!

ボムを多用する立ち回りでなければ、特に必須なギアではありません。メインとサブのコンボを多用したい人に有効なギアパワーです。