【スプラトゥーン2】『サーマルインク』ギアは強いのか? 相性の良いブキ・ギアを解説

フク専用ギアパワーの『サーマルインク』。略して、サーマル。

メインウェポンを当てた相手が、壁越しにシルエットで見えるようになるというギアパワー。本来見えない位置にいる敵の位置がわかるようになります。

敵の位置がわかるというのは、このゲームでは重要なことですが、癖の強い効果であるというのもあり、使用率はあまり高くないギアパワーだと思います。

とはいえ、特定のブキとの相性はなかなか良いですので、決して採用価値のないギアパワーではないでしょう。今回はサーマルインクと相性の良いブキ・ギアを解説します!

スポンサーリンク

『サーマルインク』のギア効果

メインウェポンの弾を直接当てた相手が、しばらくの間、遠くから見えるようになります。

メインウェポンの弾を当てた後、16秒間の間相手にサーマル効果を与えます。

相手が壁裏にいるとシルエットが見えるようになりますが、近くにいると表示されないため注意。試し撃ちライン2.5本以上離れていないと効果を発揮しません。

また、相手がイカ潜伏中の場合はシルエットが見えません。ヒト状態か、イカ状態でもインクの中に潜伏していなければ見えます。

ブラスターやスロッシャー系では直撃でないとサーマル効果が発動しません。よって、ホットブラスターなどの1確ブキにはほとんど意味のないギアパワーです。(相手にアーマーがついているときに直撃を当てたときのみ有効)

相手が『爆風ダメージ軽減・改』のギアを付けていると、サーマル効果の発揮しない範囲が広がってしまいます。サーマル対策に爆減を付けている人はいないと思いますが、爆減自体は強力なギアで採用率も高いです。

関連記事:【スプラトゥーン2】『爆風ダメージ軽減・改』は強い! 0.1積みで大きな効果を生むギア!

『サーマルインク』の強み

サーマルインクは一度攻撃を当ててから壁裏に逃げた敵に追い打ちをかけることができるのが強み。

ダイナモローラーやオーバーフロッシャーなど、壁越しに攻撃を通しやすいブキであれば、サーマルインクで相手の位置を視認して攻撃できます。

また、効果時間が16秒とかなり長いため、一度敵を逃してしまっても無駄にはなりません。壁越しに敵の位置がわかるため、一部の敵の位置を認識した状態で戦えるというのは情報アドバンテージになります。

とはいえポイントセンサーなどでマーキングした状態よりは敵の位置を把握できないので、過信は禁物ですね。基本的にはサーマルインクの効果を活かして追撃で敵を倒せると良いでしょう。

『サーマルインク』と相性の良いブキ

サーマルインクと相性の良いブキは、壁裏に攻撃ができるスロッシャー系統。

ブラスターも壁裏への攻撃が得意ですが、直撃でないとサーマルインクが発動しないので少し微妙ですね。ラピッドブラスターやクラッシュブラスターならば使えなくはないかも。

他にはダイナモローラーなど。ただしどのブキにおいても必須級と言えるようなギアではありません。ギア枠に余裕があれば好みで採用を決めると良いでしょう。

シューター系のブキではサーマルインクを活かしにくいです。同じくサーマル効果を持っているギアパワー『リベンジ』の方が、復活ペナルティの効果も付く分、シューター系には相性が良いと思います。

関連記事:【スプラトゥーン2】『リベンジ』ギアが大幅強化! 効果と強みを解説します

『サーマルインク』と相性の良いギア

サーマルインクと相性の良いギアは特にありません。

ブキに合わせて他のギアを構築しましょう。サーマルインクを採用するブキに多いのはオーバーフロッシャーやダイナモローラーなので、どちらも『インク効率アップ(メイン)』がおすすめですね。

関連記事:【スプラトゥーン2】『インク効率アップ(メイン)』は必要? 相性の良いブキ・ギアを解説!

まとめ

サーマルインクは強力なギアというほどではないですが、一部のブキには採用しても良い強さがあると思います。壁裏への攻撃が得意なブキと相性が良いです。

サーマルインクは軽視している相手が多いため、サーマル効果で位置を把握されていることを意識していないプレイヤーも少なくないです。サーマル効果を活かした立ち回りで相手の裏をかいてみましょう!