【スプラトゥーン2】フェスTの『追加ギアパワー倍化』は実戦で使える?プラベ用に育てておこう

フク専用ギアパワーの『追加ギアパワー倍化』。

フェス時に配布されるフェスT専用のギアパワーだったのですが、ラストフェスが終了されたことで、同じギアパワーが付いたフェスTレプリカが配布されました。

フェスTレプリカはフェスTと違ってクリーニング費用は安くなりませんが、オリジナルと同じ『追加ギアパワー倍化』という唯一無二のギアパワーを持っています。このギアに実戦での価値はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

『追加ギアパワー倍化』のギア効果

このギアについている追加ギアパワーを1つで2つ分の効果にします。

基本ギアパワーの効果量を10とすると、追加ギアパワーの効果量は3。

通常のギアでは最大で19の効果を発揮できるのですが、追加ギアパワー倍加では18の効果量となり、わずかに効果量が劣ります。

よって同じギアパワーを付けるのであれば、フェスTを採用する意義はないでしょう。

『追加ギアパワー倍化』は実戦で使える?

効果量の計算方法としては、通常のギアでは10+3+3+3=19ですが、フェスTでは6+6+6=18。

効果量の合計値では通常のギアに劣るものの、他のギアと違って10の枠をひとつ減らせるというメリットがあります。

たとえばフクのギアだけでメイン効率、サブ効率、インク回復をバランス良く振ろうとしても、通常のギアなら10・6・3で振らなければいけません。

フェスTでは6・6・6とバランス良く振ることができるため、効果量の分配の都合でフェスTが活きることはあるかもしれないです。

ついでに、対戦時のマップ確認では相手の追加ギアパワーを確認できないため、他のギアより付けているギアパワーを隠すことができます。

とはいえ、キルをしたときにバレますし、わざわざフェスTで隠すほどのメリットは特にないでしょう。ギアパワーを隠す意味では役に立たないですね。

フェスTレプリカの『追加ギアパワー倍化』は、基本的に利用をおすすめするものではないですが、ギア枠の配分の問題で、実戦でも役立つ可能性はあると言えるのではないでしょうか。

フェスTレプリカはプラベ用に育てておこう!

フェスTレプリカは実戦で使わなくても、プラベでちょっとした楽しみに使えます。

プライベートマッチの「ナワバリバトル(フェス)」では、チームの誰かがフェスTレプリカを着ていると、これまでのフェスと同じ条件でチームの二つ名が表示されるようになります。

フレンドとプラベのフェスを楽しむ際に、フェスTを着ていればより気分が盛り上がるでしょう。そのときのためにギアを埋めておくと便利です!

まとめ

フェスTレプリカの『追加ギアパワー倍化』は、ギア枠の配分次第では実戦でも使える可能性があります。少なくともプライベートマッチで楽しむ用に育てておくことをおすすめします!

まあギア構成によっぽど拘りがなければ、わざわざ採用するギアパワーではないでしょう。ガチマだと最悪舐めプだと思われるかもしれないので、ご利用は慎重にお願いします(笑)