【スプラトゥーン2】『逆境強化』ギアが弱い理由を解説! 発動条件と効果が噛み合っていない

アタマ専用ギアパワーの『逆境強化』。略して、逆境。

人数不利のときにスペシャルゲージが自動で溜まっていくというギアパワー。劣勢時に逆転のチャンスを作り出すコンセプトのギアだと言えるでしょう。

しかし、はっきり言って逆境強化は弱いです。現状はほぼ採用の余地はありません。

なぜ逆境強化が弱いのかを解説していきます。

スポンサーリンク

『逆境強化』のギア効果

自チームの人数が相手チームより少ない場合、少しずつスペシャルゲージが増えます。

味方が倒されていて、生存人数が敵より少ない場合に、自分のスペシャルゲージが自動で増加していきます。

あくまで人数不利でなければ効果を発揮しないため、味方がやられていても敵を倒して人数状況が五分以上なら効果は発動しません。

また、回線落ちで人数不利になっている場合でも効果を発揮します。

人数差が多いほど速く溜まり、人数差一人につき、2.16ポイント/秒のスピードで増加します。

なお、『スペシャル増加量アップ』をつけていても、逆境強化によるゲージ増加が増えるわけではないので注意です。

『逆境強化』の弱み

発動条件が厳しい

人数不利で発動するという条件は、思いの外厳しいです。

人数不利になるということは相手に押されているということになり、本作では1人でも人数差が生じた時点で大きく不利になります。

人数不利の盤面ではこちらも相手を倒して人数差をなくすか、味方の復帰を待ってやられないように立ち回ることになります。

しかし前者では逆境強化の効果がなくなりますし、後者も人数不利の時点でそのまま押されてしまうことも珍しくなく、生き残ろうとさがれば相手に盤面を取られて、自分が死ねば効果が不発に終わるという厳しい状況になります。

それこそスペシャルで打開できれば良いのですが、人数不利になってからスペシャルが溜まり始めるというのが遅いので、逆境強化でスペシャルが溜まる頃にはもっと状況が悪くなっている可能性もあります。

一言で言えばギアの効果がゲームスピードに追いついていないのが問題なのです。人数不利になった途端に強くなるわけではなく、「人数不利になってからスペシャルが溜まり始める」=「スペシャルを撃てるのはもっと後」なので、逆境に強いかと言われるとそうでもないんですよね……。

発動条件と効果が噛み合っていない

味方が一気に落ちてピンチ! となった場合、逆境強化があれば速くスペシャルが溜まってくれることでしょう。

ではスペシャルが溜まったから打開できるのかと言われると、味方が落ちていたために味方のスペシャルは溜まっていなく、自分しかスペシャルが溜まっていない状況になっています。

スプラ2では前作と違い、一人だけで発動して強いスペシャルというのがありません。

前作ではバリアやダイオウイカなどの無敵系スペシャルでごり押ししたり、スーパーセンサーで敵全員をマーキングしてみんなで攻めるといったことができましたが、本作は一人当たりのスペシャルの脅威度が低いのです。

打開時は相手の方が塗り状況も良く、一人でハイパープレッサーやバブルランチャー、ジェットパックなどを発動しても、簡単に避けられてしまいます。相手もスペシャルが溜まっているプレイヤーがいて、お互い撃ち合ってスペシャルを無力化されることもあります。

人数不利をつけられてしまった後の打開に必要なのは、味方と合わせてスペシャルを撃つこと。これが全ルールで共通するスプラ2の基本的立ち回りです。

そのため逆境強化でいかにスペシャルが速く溜まっても、復帰した味方のスペシャルが溜まるのを待つ必要があるため、一人だけ打開時に速く溜まっても意味がないのです。自分が死んでいなければ、逆境強化がなくても復帰する味方より速くスペシャルが溜まりますからね。

つまり発動条件と効果が噛み合っていないのが最大の問題。逆境時に一人だけスペシャルが溜まっても打開できないので、せめてイカ速やインク効率などの対面能力や生存能力が向上してくれる効果もつかないと、ほとんど死にギアみたいなものだと言えるでしょう。

『逆境強化』の代わりにおすすめのギア

ピンチになってから強くなりたい、という考えの人は、『ラストスパート』ギアをおすすめします。

ガチマッチでは相手のカウントが50を切ってからラストスパートの効果が発動するようになり、カウント30以下で最大の効果を発揮するため、相手に攻められた試合に強くなれるギアパワーです。

ラストスパートはインク効率系の効果が上昇するため、継戦能力が上がります。ボム持ちのブキなら高頻度でボムを投げられるようになるのも強み。

逆境強化と違って一度カウントを進められれば、抑えのときにも永久に効果を発揮し続けるのがラストスパートの良い点ですね。

関連記事:

【スプラトゥーン2】『ラストスパート』ギアが大幅強化! 効果と強みを解説します

スペシャルの回転率を上げたいという方は、『スペシャル増加量アップ』と『スペシャル減少量ダウン』をおすすめします。

逆境強化と違って人数不利でなくても常に効果を発揮するため、均衡状態をスペシャルで打開したり、抑えのときにもスペシャルを撃ちやすくなるのが強みです。

また、『カムバック』は復帰後20秒間、スペシャル増加量アップの効果もつくため、打開を重視するならこちらを採用すると良いでしょう。

まとめ

『逆境強化』はその名前通りに逆境時に活躍するというのは難しく、他のギアを付ける方が安定した強さを発揮できます。あまり採用はおすすめできないギアパワーです。

個人的には『スタートダッシュ』と並んで、スプラ2屈指の死にギアだと思っています。アップデートで効果が強化されることを期待したいですね。